法政大学日本史予想問題 〔社会学部(社会)・経済学部(経済)・スポーツ健康学部〕2019年

こんにちは、代ゼミサテライン予備校北千住校です。法政大学日本史の出題傾向を見てみましょう。本日取り上げるのは、社会学部(社会)・経済学部(経済)・スポーツ健康学部で、過去18年間です。

<原始・古代>
第1位:農業
第2位:史料雑題
第3位:仏教史
第4位:遺跡と遺物

<中世>
第1位:執権政治、鎌倉文化
第2位:御成敗式目、農業
第3位:中世の都市
第4位:史料雑題(永仁の徳政令など)

<近世>
第1位:寛永文化
第2位:江戸後後期の小説
第3位:土地所有と農政
第4位:史料雑題(株仲間解散令など)

<近現代>
第1位:議会政治の展開
第2位:明治期文学、大正~昭和の内閣と業績
第3位:明治の思想、戦後経済政策と労働運動
第4位:近代の民衆運動と政府の対応

いかがでしょうか。古代から近世までは農業が目立ち、また全体を通じて文化史も出ていますね。

それでは2018年度はどうなるでしょうか。

さらに詳しい分析や出題分野予想、スバリ的中を狙う予想問題演習は冬期講習で!!速習講座なら今すぐ、今年度の講義は1/9~受講できます。

(講座名)
法政大日本史予想問題演習

(費用)
7,400円(90分×2回)

冬期講習の公式パンフレットはこちら