法政大学日本史予想問題(経済・現代福祉・社会)2019年度版まとめ

こんにちは、代ゼミサテライン予備校北千住校です。今日は法政大学日本史の過去の出題を見てましょう。法政大学は入試日程によって問題が分かれますが、ここで扱うのは、経済(国際経済学科・現代ビジネス学科)・現代福祉(福祉コミュニティ学科)・社会(社会学科・メディア社会学科)です。過去19年間の集計です。

<原始・古代>
第1位:平安~鎌倉期の地方支配の推移
第2位:古代から中世の仏教と仏教美術
第2位:聖武~桓武天皇の政治
第3位:土地制度

<中世>
第1位:平安~鎌倉期の地方支配の推移
第2位:室町文化
第3位:中世の仏教と仏教美術
第4位:中世の社会経済史

<近世>
第1位:江戸時代の出版と文学
第2位:幕藩体制の展開と幕政改革
第3位:元禄文化と元禄期の商業・交通
第4位:天保改革

<近現代>
第1位:明治期の教育、明治大正期の文学、大正デモクラシーと社会運動
第2位:条約改正交渉
第3位:近代女性史
第3位:近現代の労働運動・社会主義運動

仏教関連、あるいは文化史が侮れないところですね。

それでは2019年度はどうなるでしょうか。

さらに詳しい分析や出題分野予想、スバリ的中を狙う予想問題演習は冬期講習で!!速習講座なら今すぐ、今年度の講義は1/9~受講できます。

(講座名)
法政大日本史予想問題演習

(費用)
7,400円(90分×2回)

冬期講習の公式パンフレットはこちら