立教大学日本史予想問題〔法学・経済(政策)・異文化コミュニケーション〕2019年度版まとめ

こんにちは、代ゼミサテライン予備校北千住校です。

立教大学日本史、今回は法学部・経済学部(政策)・異文化コミュニケーション学部、過去19年間です。こちらの学部では、古代から近代にいたるテーマ史が出題されることが多いです。そこで今回はテーマ別にまとめました。

<テーマ史>
第1位:古代から現代までの土地制度と税
第1位:古代から近世までの馬にまつわる政治と社会
第2位:原始から近世の道具とその材料
第2位:近世から現代の通信
第2位:古代から近世の仏教美術

いかがでしょうか。記述問題はどの時代区分でも出ています。テーマ史は時代を横断して同じ切り口から問題が作られるので、なかなか勉強がしにくいところがあります。そんな時こそ、予想問題を使ってください。

さらに詳しい分析や出題分野予想、スバリ的中を狙う予想問題演習は冬期講習で!!速習講座なら今すぐ、今年度の講義は1/9~受講できます。

(講座名)
立教大日本史予想問題演習

(費用)
7,400円(90分×2回)

冬期講習の公式パンフレットはこちら