速単の使い方(時間がかかるが効果大)

みなさんこんにちは。代ゼミサテライン予備校F.E.アカデミー北千住校です。

速単。みなさん使っていますか。以前書いたこちらの記事「速単の思い出」が今でもちょいちょい読まれているので、その速単を使って具体的にどうやって勉強していたかを書いてみます。

速単の思い出

なおこれはあくまで私の個人的な体験に基づくものです。

私が受験生時代を通じてずっと使っていたのは『速読英単語(必修偏)』でした。他にも単語帳を買ったことがありましたが、結局速単を繰り返していたと思います。

それでどんな使い方をしていたかというと、なんとなく一通り文章を読んだり単語を書いたりしながら勉強した後、全文和訳をしました。最初のページから1~2文程度の英文をノートに書き写し、そこから自分で日本語訳を書いて、その訳を確認していくという流れでした。

これはかなりの効果がありました。単語を覚えるというのはもちろんですが、正確に文章の意味を取っていくので文法事項の復習にもなりました。確かこれをしていたのは高校2年生のころだったと思いますが、文章自体の難易度も同時の自分にちょうど良かったように思います。

これは時間がかかりますが、英文を丁寧に理解していくという訓練と英単語を覚えるという一石二鳥の効果がありました。英語の基礎力が底上げされた感じがありました。

単語帳の使い方は人それぞれだと思いますが、掲載されている例文なども含めてじっくり取り組むと、とても良いのではないかと思います。

代ゼミサテライン
無料資料請求はこちら
STEP
STEP
STEP
STEP
STEP

次へ進む

代ゼミサテライン
無料資料請求はこちら
STEP
STEP
STEP
STEP
STEP

高卒高3高2高1中3その他

戻る次へ進む

代ゼミサテライン
無料資料請求はこちら
STEP
STEP
STEP
STEP
STEP

戻る次へ進む

代ゼミサテライン
無料資料請求はこちら
STEP
STEP
STEP
STEP
STEP

戻る次へ進む

代ゼミサテライン
無料資料請求はこちら
STEP
STEP
STEP
STEP
STEP

戻る