フェルマーの最終定理

みなさんこんにちは。代ゼミサテライン予備校F.E.アカデミー北千住校です。

1995年の今日、アンドリュー・ワイルズが提示したフェルマーの最終定理の証明が認められ、フェルマーが著書の余白にちらっと書いて以来360年にもわたって数学者を悩ませた問題に決着がつきました。

フェルマーの最終定理とは、

xn + yn = zn となる自然数の組 (x, y, z) は存在しない

という命題ですが、シンプルにして美しく人を惹きつけてやまない魅力がありますね。

ワイルズ論文を読んでみて1行たりとも理解できませんでしたが、それでも谷山・志村予想がこの整数問題を解く鍵になったというのは面白いですね。

全く異なる分野だと認識されていたものが、実はつながっていたというのは数学の奥深さの一つだと思います。

πやeもあるところで突然で登場することもあり、フィボナッチ数も自然界の様々な場所で見つかっています。

さて話を少し戻すと、フェルマー最終定理の証明は、従来全く関連がないと思われていた分野につながりがあったことで大きく進展しました。

これは数学の話ですが、案外皆さんの今後の行動や選択にも生かせるかもしれません。

物事は案外どこかでつながっているものす。今やっている勉強やあるいは今後社会に出たときに携わった仕事が、自分のやりたいことや目指していること、夢や目標と異なったとしても、ひとまず目の前の課題に全力で取り組むことで、道が開けていくことがあります。

谷山・志村予想とフェルマーの最終定理のつながりを発見したのはケン・リベットであり、ワイルズが谷山・志村予想を最初から手掛けたわけはないため、若干強引なこじつけではありますが、それでも迷ったときはひとまず目の前の課題に注力する、というのは大切なことだと思います。そこで評価されるときっと自分のやりたいことにつながっていきます。

大学受験真っただ中で、寒い中試験会場に向かう日もあるかと思いますが、ぜひ最後まで力を出し切ってください。