リバプールと鉄道の深い関係

みなさんこんにちは。代ゼミサテライン予備校F.E.アカデミー北千住校です。

1928年の今日、三・一五事件が発生しました。共産党員を一斉検挙して、日本労働組評議会などを解散させてた事件です。当時の首相は田中義一でした。

1930年の今日、山下公園が開園。皆さんは横浜にある山下公園に行ったことがあるでしょうか。開園当時、太平洋を横断してシアトル航路へ就航していた氷川丸があり、大さん橋、赤レンガ倉庫も近くにあって、港町の雰囲気を楽しむことができます。

日本最初の鉄道は、新橋駅 – 横浜間で開通しますが、横浜というのは現在の桜木町で山下公園からも近いです。

国内で生産した商品を海外へ輸出するために、鉄道は港町へとつながっている必要があります。以下の動画もぜひ参考にしてください。

リバプールは鉄道の歴史を考える上で決定的に重要ということですね。

これを踏まえると以下の動画の意味もまた奥深いものがあります。(ただ、この奥深さは一部の人にしか伝わらないと思います。すみません。)

さて、話を3月15日の出来事に戻しますが、1980年の今日、映画ドラえもんの第1作『映画ドラえもん のび太の恐竜』が公開されました。劇場版のドラえもんは現在まで続いているメガヒットコンテンツですが、スタートしたのはもう40年ほど前のことになります。

今過去の作品を見ても面白いと思います。劇場版だと普段けんかしているジャイアンやスネ夫がとても協力的になりますね。

地下世界へ行ったり(のび太と竜の騎士)、過去の中東へ行ったり(のび太のドラビアンナイト)、子ども心に夢中になってみました。

話がまとまっていないのですが、国公立大学の後期試験が終わり、今年度の入試も終わりに近づいています。

頑張ってきた皆さんお疲れ様でした。進路が決まるまでもう少しかと思いますが、4月以降良いスタートが切れることを願っています。