大学入試 新テスト、リスニングは英検準1級レベルか。日々の勉強にリスニングを組み込もう。

みなさんこんにちは。代ゼミサテライン予備校F.E.アカデミー北千住校です。

新しい共通試験についていろいろと話題が出ています。

今日は英語リスニングについて。

現行のセンター試験が終わった後、新しい英語の試験に切り替わりますが、ここで注目されるのがマーク式とリスニングの配点ですね。

現在は200点対50点、合計250点ですが、新しいテストでは両方100点になる予定です。

もちろんこの配点をどのように使うかは、大学にもよるのですが、リスニングの難易度が上がることは間違いですね。

試行調査(プレテスト)を分析すると以下のことが分かります。

①前半の問題は難易度が低いところから始まる。
②後半の問題は今のセンター試験より難易度が高い。英検2級レベルでは対応できず、準1級に近い能力が求められる。

今の高校生だと英検2級がひとつの目安になっていると思いますが、リスニングに関してもそれより上のレベルが求められそうです。

リスニングは短期集中して点数を上げることがなかなか難しいと思われます。追い込みが効きにくいと言えるかもしれません。毎日少しずつでも練習することが大切です。

日々の英語の勉強に意識してリスニングを入れていきましょう。今は音声教材がたくさんあります。自分のレベルにあったもので良いので、英語の勉強の最初か最後にスクリプトを見ながら音声を聞く、という時間を設ける形で進めてはいかがでしょうか。

    代ゼミサテライン北千住校 無料相談はこちら
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP

    次へ進む

    代ゼミサテライン北千住校 無料相談はこちら
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP

    高卒高3高2高1中3その他

    戻る次へ進む

    代ゼミサテライン北千住校 無料相談はこちら
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP

    戻る次へ進む

    代ゼミサテライン北千住校 無料相談はこちら
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP

    戻る次へ進む

    代ゼミサテライン北千住校 無料相談はこちら
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP
    STEP

    戻る