誰かに説明するように

受験生は知識を吸収することに注力していると思いますが、その理解度を上げるには、実際にアウトプットしてみるといいです。具体的には自分が理解した内容を誰かに説明する機会を持つと、自分の理解がさらに深まります。あるいは、自分が理解できていない箇所が分かる。人に説明する、人に教えるというのは、経験すると分かりますが、自分自身が最もレベルアップする方法なのです。

とは言え、基本的に勉強は一人で進めているでしょうから、人に説明する機会はないでしょう。そこでおすすめは、とりあえず自分が講師になったつもりで、架空の人に教えるようなことを頭の中で想像する。

部屋の中のテキストを持ちながらぐるぐる歩いて、講師になった気分で誰かに説明してみる。声に出す必要もない。もちろん声に出せれば尚良いですが、一度お試しください。きっと効果を実感できると思います。

教室長 小松